<期日>    2006年12月3日(日)AM8:30〜AM11:30
<活動場所> 社会福祉法人 復泉会 第3くるみ作業所
<実施内容> カンカンサンデー(アルミ缶分別奉仕)

<活動の様子>  
 43期 初めてのカンカンサンデー です。 今回の担当は 班長達の年代(中学1年)は 地区班長訓練に参加しているため、小6スカウトが 班長代理です。
寒かったけど、選別後の大きな袋が10袋出来ました。
作業終了!!
2006年12月3日 AM9:15
 くるみ作業所到着

今回は 浜松駅バスターミナルに集合し、バスで移動しました

ベルトコンベアに缶をのせると、スチール缶は磁力ドラムにくっつき、アルミ缶を袋にためてゆきます

所員の方から 作業方法の説明を受けます
・・・「これ全部?」
9:30

作業開始
中にまだ 入ってる!

  軍手だけでなく
  炊事用ゴム手袋も 持ってきてます

臭い

  軽くすすいで リサイクルに出しましょう!!
袋がアルミ缶で一杯になると スイッチで止めます
コンテナの中に入ってかき出します

臭い!!
あともう少し
2006年12月2日 AM10:15
作業を終了し

所員の方から リサイクル事業について伺いました。

ココでは 障害者の人たちが毎日 この様な作業を行っており、月約5トンのアルミ缶をリサイクルしています。
5年生は、環境保護バッチを 斎藤副長から貰いました。

来週の隊集会は ボーイ隊の環境保護バッチをつけてつけて参加します

(今までは カブ隊の環境保護バッチをつけてました)