<期日>    2004年4月17日(土)AM8:30〜4月18日(日)PM4:30
<活動場所> 住吉青少年の家
<実施内容> 炊事章挑戦キャンプ

<活動の様子>  
一泊2日で炊事章に挑戦しました。
1日目はアジを3枚にさばき、魚料理を作ったり、30人への非常応急炊き出し計画を作りました。

2日目は応急炊き出しの実践として、募集説明会(BVS隊集会、CS特別隊集会)の参加者、体験参加者に すいとんの準備を行いました。 ボーイ隊体験参加者もあり 5月から一緒に活動できそうです。
住吉青少年の家までは 12団の団倉庫から自転車で約30分。
仲良し広場でサイト設営に約1時間。
40期になって5回目のキャンプとなり、狭い場所にも巧みにフライを張れました。
4月17日AM10:00 設営開始

団倉庫から近いので、十分午前中に設営完。

一斗缶オーブン(松本インストラクター作)
を使ったカップケーキ作り練習

明日のボーイ隊活動見学者に試食してもらいます。
防水マッチ作り

ロウをつけたマッチを、水につけてから、マッチを擦り火がついたら合格

5月の隊集会の時に、ケースに入れて提出します。
アジを3枚におろし、どんな料理にするかは、班集会で決めました。

・・左利きの包丁使いは見ている方が不安
タカ班

おいしーーーー
料理得意のイーグル班

盛りつけを工夫してみました

味もgood
PM7:30〜

炊事章のレポート作り

炊事章取得済みの上班に教えてもらいます。
18日のボーイ隊活動をBVS、CS、体験入隊の皆さんが見学に来てくれました。

得意の 火打ち石(火起こし)を披露しました
総合優秀班はイーグル班でした。
炊事章は残念ながら、誰も合格できませんでしたが、もう少しのところまで来たスカウトもいます

<隊長コメント> 
4月のテーマは、『食』です。 魚をさばきましたが、野菜であっても「いのち」を持っています。 食を通じていのちを考えて欲しいです。
4月18日
浜松地区指導者講習会に参加した
RS、VSの
望月君、小栗君、池田君が
ボーイ隊副長補を引き受けてくれましたので
和田隊長から任命書を渡しました。

兄貴リーダーの誕生です