<期日>    2004年2月28日(土)AM8:30〜2月29日(日)PM5:10
<活動場所> 浜松市内ハイキング、キャンプ地 正晨寺(浜松市神田町)
<実施内容> 寒中キャンプ

<活動の様子>  
恒例の寒中耐寒キャンプです。
今年は 正晨寺の境内をお借りし 浜松市和合町からの往復を班毎に計画したコースでハイキングを行いました(片道約9km)
1日目(28日)は天気も良く、絶好のハイキング日和となり、地形図を読んで道も間違わず、先頭の班は当初予定より 1時間以上早く キャンプ地に到着しました。

2日目(29日)は雨となり、撤営、ハイキングに苦労しましたが、全員元気に完歩でき 8月のキャンプ&登山に向け 良い体験になりました。
神田町の正晨寺さんと12団の団倉庫とは直線距離約8kmで、一級挑戦キャンプを実施するにちょうど良い距離で、またお寺の行事用に宿泊施設もあるため 緊急時対応(大雨、極寒、救護所)も可能なため、2年に1回は利用させていだいています。
2月28日AM9:00
和合町団倉庫にてハイキング指令配布

コースの確認は慎重に!!

威風堂々と
班旗をたてて
サインを追うて
「そなえよつねに」で進め
途中のスーパーで、今夜と明朝の食材調達

上班2名は多くのターゲットバッチ、マスターバッチを取得し、菊章の地区面接を受けました。

2級 進級記念にオピネルのナイフをもらいました。
これでやっと ナイフを使うことが出来ます。
夜のセッション

ハイキングレポート作成
2月29日AM8:30

朝の参詣後
住職に講話をお願いしました.

スカウトたちはこれからは、話を聞く時に「うなずく」はず・・・住職の言葉通り

全員に一冊ずつ、住職の執筆された本をいただきました。
AM9:00
撤営開始

テントを出来るだけ汚さないように
総合優秀班は今月はフクロウ班
弥栄
<隊長コメント> 
2月のテーマは、『忍』です。寒さに対する『忍』、自分のペースで進まない班行動に対する『忍』などいろいろな『忍』があります。 雨にも寒中キャンプを実施できた自分を誇りに思ってください。